フィットをよく知ろう

フィットをよく知らないあなたのために

フィット説明

一定速度で運転中に徐々にアクセルを離していくとEV走行に切り替わる。
IMA方式のハイブリッドはボタンたったひとつだけではEVモードに切り替えることはできないが、
運転車者が走行方法を少し工夫を加えることでEV走行に切り替えることができる。
さらにフィットハイブリッドではボディが非常に軽いのが影響になり、
インサイトと比較するとEVモードの幅が一段と広くなり、EVモードの持続率が向上したと言えるであろう。
フィット値引き交渉で最安を狙う
EV走行に切り替わると、車内のエネルギーモニターに出力される車の
ルーフに小さいがEVと文字が出力される。
かなり小さいのでよくよくみないと分からないくらいの出力である。時速40km程度でほんの少しだけ
アクセルを踏んだ状態をキープするのがEV走行を持続させるコツである。
この場合でもエンジンは常に回っている(バルブがしまっているのでガソリンの使用はないのでメーターの針
も1000回転あたりでキープしているが、電気のみで走行している。

 

タコメーターはホンダのハイブリット車、インサイトなどにも同様のアンビエントメーターが使用され、
低燃費走行をしているときにはリング状の光が緑色になり、燃費が悪い走りを続けているときには青色になる。
足元のアクセルペダルから完全に足を離すと、はじめのうちはガソリンカットの空走状態で走行し、
次にエネルギー回生に切り替わる。そして車を停止しようとブレーキペダルを踏むと、
回生と共に油圧も加り両方の
バランスでスピードが落ちていく。このフィールも普段の油圧ブレーキと変化のない感覚になるよう設計されている。
車が停止する間際には若干の違和感が人によっては感じるかもしれないが、
注意していないと全く気付かないくらいのものである。
そのくらいナチュラルなブレーキフィールといってもいい

下取りある場合はどうすればいいの?

 

新車購入をするときに、下取り車があるんですけどどうすればよいかわからない方が多くいるようです。
下取り車があればそれだけ新車の支払額が少なくて済むということです。

 

ですがディーラーとの交渉での査定してもらってもまったく期待できません。
値引きの方の商談が進んでくると下取り車の話をしてきます。値引きがこれ以上はできないと言って進めてきます。
ここでそのまま受け入れると損するので注意しましょう。下取り調整されてしまいますよ。
はじめは低い査定額を提示し、段々と額を上げていきユーザーにお得感をを出させるためにディーラー側は話を進めてきます。
段々、下取り額が上がるとお得なと感じる場合があるかもしれませんが、気を付けてください。テクニックに引っかかりますよ。
フィット 値引き
まずはじめに、これから下取りをする車の本物の価値を調べて置きましょう。
ディーラーから下取り額を提示されても妥当な金額かどうかは見分けがつきません。
実際にもっと高く売れる価値があるのに安く買われてしまうかもしれません。
気をつけましょう。10万円以上の差があることもよくあります。
そこでやっておいてほしいのが中古車買い取り専門店への見積もり依頼です。
本当の価値を教えてくれるでしょう。
インターネットも利用するとよいでしょう。一括で数件から査定してくれるサイトもあります。

今流行のハイブリットカーがほしいと思いプリウスを新車で買うことにしました。
2014年はアクア、フィット、プリウスが上位を占めていますね。悩んだ結果のプリウスです。
人気車種で常に需要があるプリウスなどアクアは値引きしなくても売れるのであまり
安くならないんじゃないかという声も聞こえます。というわけで調べてみることにしました。

 

販売店舗によって違いはありますがプリウスの相場は約20万円程度のようでした。
新車価格はどこの店舗にも決まりがあり営業所の利益を乗せての販売なのでどこの
店もふつうに買っていれば値引き額は似たり寄ったりになってくるのです。

 

あとは値引きがうまくいかない場合などはオプションをつけて割引をしてもらうこともできるでしょう。
値引き額の大部分はほとんどの人が今乗っている車を下取りに出すことです。
しかしそのまま下取りを出すと損する可能性があります。
他の中古車買い取り専門店やネットでの見積もりなどをとりディーラーに見せた方がよいです。
車の値引きがうまく行きすぎたらこちらの買い取りの方で店側は安く買い取ろうとしてくるでしょう。
そこであらかじめ見積もりを準備しておくことで対策をとっていきます。
そうすると値引きも下取りも上がり全体の価格も引き下がるでしょう。
プリウス 値引き